« イギリスの消費税減税にみる日本の事情。 | トップページ | 日本には‘第7艦隊’すら必要ない。 »

なぜ野球の親善試合を他国で開催できないのか?

今回第2回WBC(ワールドベースボールクラシック)の強化試合として
オーストラリア代表と大阪で2試合を戦い、結果、2連勝しました。

いよいよ3日5日から第1ラウンドが始まります。
このラウンドも日本(東京ドーム)から開催されます。

2005年から毎年シーズン終了後の11月に開催される「アジアシリーズ」
(去年まではコナミカップ)も、過去4年連続優勝している日本チーム
ですが、決して素直に喜べるものではありません。

なぜ、いつも日本ばかりで開催されるのか?

サッカー(日本代表)のほうは、頻繁に海外に出向いて国際試合をこな
していますが、野球に関して言えば ‘日本開催’ ばかりです。

そういえば、日米野球の開催も 日本。

野球は今でも日本人が愛している国技です。(生まれは違いますが)
昔と違って、巨人が弱くなってきているとはいえ、反対に阪神といった
他チームが順位を上げてきています。
今でも最も人気のあるスポーツといっても過言ではありません。

北京オリンピックは、4位という信じられないほど残念な結果に終わり、
日本中が悔しさと怒りに満ちたことは記憶に新しいことです。
(一方ソフトボールのほうは歓喜に沸きました..)

しかし日本はアジアの中でも圧倒的に伝統や歴史が長く、実力も上。
最近他の隣国がメキメキ力をつけているとはいえ、本気になれば、
まだまだ引き離すことがいつでも可能な国なんです。

なぜ野球の先輩国 日本が後輩の国に出向いていこうとしないのか?
もともと強い国が、わざわざ勝つために 地元の利 を生かす必要は
ないと思います。

親善試合とはいえ、何となく試合前から不思議な感覚を覚えます。

‘勝って当たり前’の国が、多くの観客を集めて熱狂になること自体
変な違和感がこみ上げてきます。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者
  
http://www.citialliance.net/ http://www.hillser.com/

|

« イギリスの消費税減税にみる日本の事情。 | トップページ | 日本には‘第7艦隊’すら必要ない。 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174650/28389069

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ野球の親善試合を他国で開催できないのか?:

« イギリスの消費税減税にみる日本の事情。 | トップページ | 日本には‘第7艦隊’すら必要ない。 »