« オランダが野球の世界ランクで6位? | トップページ | 射撃が得意な麻生総理、北を撃ち落とせ! »

中国は典型的な 「中間省略国家」 。

90年代後半から、かつての日本を凌ぐほどの急激な発展を遂げて
きてしまった 中国。

しかし中国の成長は主に、不動産関連や株 といった産物ばかり。
日本が体験してきた頃のバブルとは明らかに事情が違っています。

日本は当時、モノ作りをはじめとする世界的な技術を持っていま
したが、中国はそのような世界に冠たる技術を今でも持ち合わせ
ていません

中国にも‘先端産業’といわれている企業は多数存在していると
言われていますが、中国における‘先端’は、海外の先進国から
みれば、先端でも何でもありません
。。

さてその中国は先走りを急ぐあまり、日常生活のいくつもの点で
段階を踏まずに、飛んでしまっているといわれています。
それは、

“賃貸マンションが普及する前に、分譲マンションが普及した。”
“固定電話が普及する前に、携帯電話が爆発的に普及した。”
“VHSが普及する前に、DVDが普及してしまった。”
etc...

戦後、一歩一歩着実に歩んできた日本とは対照的です。
全般的に、モノ作りを中心に発展してきた日本ですが、中国は
早くも不動産と金融バブルが起こってしまったということです。

確かに世界中の工場として貿易黒字を稼いできた点では一致し
ていますが、いかんせん粗悪品が多く、ハナシにならないのは
言うまでもありません。

バブルの後遺症は日本以上に深刻になることでしょう。
それについて当国共産党が事実を隠し、粉飾して発表しいくこと
は疑いのないことですが・・・。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者
  http://www.citialliance.net/ http://www.hillser.com/

|

« オランダが野球の世界ランクで6位? | トップページ | 射撃が得意な麻生総理、北を撃ち落とせ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オランダが野球の世界ランクで6位? | トップページ | 射撃が得意な麻生総理、北を撃ち落とせ! »