« ただ安易な気持ちでミサイルを迎撃するな | トップページ | 絶望的としかいえない韓国の銀行 »

韓国は失業率も粉飾決算

韓国国家統計局が先日日発表した2月の失業率は3.5%となり、
前月の3.3%%から上昇したという。
2月の失業率は2006年3月以来の高水準だという。

インドネシアやパキスタンと共に、アジアで最も通貨危機が顕著
に表われている韓国で、失業率3.5%というのはあまりにも低すぎ
やしないか・・。

金融危機で比較的傷が浅く、輸出に殆ど頼っていない日本でさえ、
失業率は、4.2%なのだ。

この理由は、統計局の「失業者」の規定が現実とかけ離れている
のが大きな理由だといわれています。
韓国では、

 ・1ヶ月間の間に、1時間でも働けば「就業者」扱い。
 ・求職活動をして、就職活動を放棄した場合でも「就業者」。

つまり少しでも定義を外れると「就業者」扱いにしているのだ。
うまくがんじがらめにしているに過ぎない。

後者は、“求職をあきらめた者”扱いとなって、失業者にカウン
トされないという。

前者もそうだが、1時間だけアルバイトをしただけで就業者扱い
になるなんて滅茶苦茶としかいえない

なぜ韓国ではこのような政策を生み出してしまったのか?

これは前大統領が、自らの政権の成果の一つとして、この低い
失業率対策を行ってきたからだという。
見栄っ張りの国民性を代表した当局の粉飾決算ともいえる。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者
  http://www.citialliance.net/ http://www.hillser.com/

|

« ただ安易な気持ちでミサイルを迎撃するな | トップページ | 絶望的としかいえない韓国の銀行 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ただ安易な気持ちでミサイルを迎撃するな | トップページ | 絶望的としかいえない韓国の銀行 »