« 中国では検索エンジンも粉飾。 | トップページ | 円高 → 輸出企業悪化 → 株安 ではない。 »

WBC 韓国が決勝まで行けた理由。。

2009WBC(ワールドベースボールクラシック)は、見事日本が
前回に続き、悲願の大会2連覇を達成して幕を閉じました。

その後両国の世界ランキングは、

日本4位 → 3位
韓国3位 → 2位

決勝戦で延長まで戦った相手は、前回準決勝で終わった韓国
ですが、日本に次ぐ2位を取ったことは、ある意味運が働いた
のではないかと思います。
ご存じの通り、

韓国は日本戦になると異常に熱くなる国です。

一方日本は韓国に限らず、どこの国に対しても冷静に戦える
国。

今回の大会は、最終的に日本と韓国が5回も対戦しなければい
けないシステムになっていました。
(決勝まで進めばの話であったが、現実になった)

この対戦数については、あとでWBC関係者も疑問に思うよう
になり、次回2013年の大会では改善を約束するとのことです。

さてこれだけ日本と多く対戦すると、異常な執念と闘魂心を
起こす韓国がやや有利な状況になるということです。

もし今大会、韓国が日本と2~3回程度の対戦数だったとしたら
、韓国は前回同様、決勝戦前には散っていたかもしれません。

 ★シティアライアンス 代表兼「ヒルザー・ドットコム」運営者
  http://www.citialliance.net/ http://www.hillser.com/

|

« 中国では検索エンジンも粉飾。 | トップページ | 円高 → 輸出企業悪化 → 株安 ではない。 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国では検索エンジンも粉飾。 | トップページ | 円高 → 輸出企業悪化 → 株安 ではない。 »