« 北朝鮮ミサイルが一日延期された理由。 | トップページ | ブラジルの米国債保有額が第3位に。 »

不可能計画を平気で企てる 米GM。

今日のビジネスニュースで、思わず噴き出してしまった話題が
掲載されていた。そのニュースとは、

【 米GM、中国での販売台数を2013年までに倍増へ 】

米自動車大手ゼネラル・モーターズが、2013年までに中国
での自動車販売台数を現在の倍の200万台超までにに拡大す
る計画だという。

こんな無謀な計画は幻想もいいところだ。
政府の追加支援を引き出すための口実に過ぎない

何といっても同日の別新聞によると、当自動車メーカーは、
破綻に向けて真剣に準備を進めているというのだ。

2013年といえばこの会社だけでなく、米国という国家自体
も完全破綻している可能性が高いというのに。
私自身もこの国は、すでに半分破綻国家だと思っています。
日本のように莫大な資産や債権があることと比較しても、全く
正反対なんです。

この救いようがない帝国に差し出す援助なんてありません。

唯一の可能性として、今年の総選挙で自民党が勝利することが
前提となります

その可能性もほとんどありません。

 ★シティアライアンス 代表兼「ヒルザー・ドットコム」運営者
  http://www.citialliance.net/ http://www.hillser.com/

|

« 北朝鮮ミサイルが一日延期された理由。 | トップページ | ブラジルの米国債保有額が第3位に。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北朝鮮ミサイルが一日延期された理由。 | トップページ | ブラジルの米国債保有額が第3位に。 »