« フィアット GM欧州部門の買収意図とは | トップページ | 新型インフル 実際の感染者数は10倍以上? »

米銀ストレステスト結果がズレ込む理由。

米銀19行のストレステスト結果が、今月4日公表予定だったの
が、いつのまにか7日、もしくは8日にズレ込んでしまっている。

やはり・・・というか、厳しい結果だったに違いない。
目下、政府と緊密な打ち合わせをしているものと思われる。

個人的な意見として、数字的には当たり障りのない結果、つまり
予想のレンジ幅になると思う。

世界中が仰天するような悪い数字を発表すると、米国自体の信用
や今後の将来に致命的な打撃が被るだろうし、予想より良い結果
にしておくと、はやり悪化. . . となってしまった時、その後の
政府支援が得られなくなるだろうからだ。

いずれにしても安易な信用は禁物。
日本の連休明けには、円高が急ピッチで進んでいくだろう。

 ★シティアライアンス 代表兼「ヒルザー・ドットコム」運営者
  http://www.citialliance.net/ http://www.hillser.com/
   ♪JPドメイン出品中! ~ http://www.2009.jp/

|

« フィアット GM欧州部門の買収意図とは | トップページ | 新型インフル 実際の感染者数は10倍以上? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィアット GM欧州部門の買収意図とは | トップページ | 新型インフル 実際の感染者数は10倍以上? »