« 【 西松事件 】 民主党は米国CIAを許さない。 | トップページ | 衝撃! 米国債を大量売却していた英国。 »

公共事業を期待するなら、民主党に投票を。

政府(自民党)は最近になって、5年ぶりに米国債を買い増して
いることを今月16日のブログで投稿しました。
将来米国の立ち直りを期待してのことか、この期に及んで将来
のボロ屑債券を買い続けているわけです。

日本はこの2年間、戦後最悪の不況下にもかかわらず、今でも
毎月200億ドルもの米国債購入を強制させられているのです。
年間にすると、
2400億ドル! 約22兆円です。

つまりこういう呆れ果てた財政援助を貢ぎ続けているおかげで、
日本国内の公共事業に振り向けるお金がないわけです

振り向けたいのは山々だが、地方を始めとした有権者には財政
問題を口実に、不可能だということを説明しているのです。
やはりここでも日本国民より米国民を優先しているわけです。

小泉政権下から、公共事業を毎年10%程減らし続けていった
理由と、米国財政危機が徐々に始まっていった時期が、見事に
一致しているのがおわかりでしょう。

民主党政権になれば、これまで長きに渡ってきた米国支配から
ある程度解消され、対等の立場に修正されていくでしょう。
(対等というより、米国が自滅していく可能性が高いが)

地方分権の推進や消費税の増税をしないという鳩山代表の意図
が、これではっきりしました。
政権交代後は無益で無闇な米国援助は行わないということです。

 ★シティアライアンス 代表兼「ヒルザー・ドットコム」運営者
  http://www.citialliance.net/ http://www.hillser.com/
   ♪JPドメイン出品中! ~ http://www.2009.jp/

|

« 【 西松事件 】 民主党は米国CIAを許さない。 | トップページ | 衝撃! 米国債を大量売却していた英国。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【 西松事件 】 民主党は米国CIAを許さない。 | トップページ | 衝撃! 米国債を大量売却していた英国。 »