« ロシアの米国債売却も、日中が埋め合わせ。 | トップページ | 全滅してしまった日本の企業年金。 »

G8 世界経済の最悪期はこれから。

G8財務相会合は13日、「世界経済には安定化の兆しがある」
とする景気判断を盛り込んだ共同声明を採択し、閉幕した。
「年内に回復を始めるだろう」とした4月のG7から前進させ、
最悪期は脱したとの認識を示した模様だ。

相変わらず楽観的な声明だ。
米国は今後破綻の道を進むことは明らかだし、欧州はもっと早く
破滅してしまうかもしれないのにだ。

現在は短期金利の低下によって、一時的な景気の底を打ったに過
ぎない。とにかく今回の金融危機はCDSだけが破綻したからだ
けではない。
10年以上もの好景気で急上昇してきた欧米や新興国の不動産が
急激に下落していき、いまだに底をついていないという点だ。

欧米の経済停滞が最低でも来年いっぱい続く可能性が高い一方、
日本経済はいち早くプラス成長に復帰していくと予想されている。
確かにその欧米以上に急激に落ち込んだ反動があるという側面も
ある。

 ★シティアライアンス 代表兼「ヒルザー・ドットコム」運営者
  http://www.citialliance.net/ http://www.hillser.com/
   ♪JPドメイン出品中! ~ http://www.2009.jp/

|

« ロシアの米国債売却も、日中が埋め合わせ。 | トップページ | 全滅してしまった日本の企業年金。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロシアの米国債売却も、日中が埋め合わせ。 | トップページ | 全滅してしまった日本の企業年金。 »