« 鳩山由紀夫代表が韓国を訪問した理由。 | トップページ | 米国債の暴落で、真の世界恐慌が起こる。 »

スペインの失業率 17%台からさらに悪化。

先日、4月の完全失業率が総務省から発表されました。
結果はご存じの通り、5.0%

03年11月以来、5年5カ月ぶりに5%台へ乗せたという。
(誇れるものではないが. . .)
昨今の金融危機で、倒産やリストラなど「勤め先都合」が大幅
に増加した模様です。

しかし経済が米国以上に深刻な状態であるといわれている欧州
では、日本の比ではありません。

アイルランドや英国とともに、不動産バブルに沸き上がった
スペインでは何と、、、 18.1%
失業者数も400万人を超えたといいます。
4600万人の人口で、失業者が400万人を超えるというの
は、深刻にも程があります。

急速な景気後退で、治安も急速に悪化しているといわれます。

約10年間、スペイン経済に貢献した不動産景気。
しかし07年、金利引き上げによる打撃や過剰な供給、それに
賃貸条件の規制強化などで不動産セクターが崩壊しました。

不動産業者によって、ついに「1軒買えばもう1軒ついてくる」
という前代未聞の半額セールに出たといいます。
どこかの国が今年の冬、自動車を定価で購入すれば、もう1台
無料でもらえるというニュースが流れました。

その‘ どこかの国 ’というのが、まさしく米国。
つい昨日、5月の失業率が発表されました。
日本の倍近い 9.4%。83年以来の高い水準だといいます。
この数字はまだGMの破綻が含まれていません

以前当ブログで主要国の完全失業率を載せましたが、その当時
以降もどんどん悪化しているようです。
いくつかの国の最新データを記載します。

 ・英国 5.0%
 ・フランス 8.7%
 ・ドイツ 8.6%
 ・豪州 5.4%
 ・カナダ 8.0%
 ・イタリア 9%台
(最新データなし)

失業率の定義は各国によってマチマチですが、いずれにしても
過去5年間では最悪のようです。
問題は今後数年間は悪化の道を辿ることが確実だということ。
悪い意味での通過点に過ぎない・・・ということでしょう。

 ★シティアライアンス 代表兼「ヒルザー・ドットコム」運営者
  http://www.citialliance.net/ http://www.hillser.com/
   ♪JPドメイン出品中! ~ http://www.2009.jp/

|

« 鳩山由紀夫代表が韓国を訪問した理由。 | トップページ | 米国債の暴落で、真の世界恐慌が起こる。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳩山由紀夫代表が韓国を訪問した理由。 | トップページ | 米国債の暴落で、真の世界恐慌が起こる。 »