« 2010W杯南アフリカ大会に黄色信号か? | トップページ | 最新情報 中国の米国債保有額がさらに増加 »

中国外貨準備、初の2兆ドル突破が何?

中国の外貨準備高が4月末時点で2兆ドルを初めて突破したと発表
した。
6月末時点では2兆1316億ドルまで拡大しているという。
最近のドル安傾向でユーロや円建て外貨準備のドル評価額がふくら
んでいるうえ、中国経済が相対的に堅調なことから、外貨が流れ込
んでいるためという。

さらに世界で2位の日本の外貨準備高は6月末時点で1兆191億
ドルと、中国の半分以下の水準であることも忘れず追加で記してい
る。

このことについてはほぼ事実だろうから異論は全くない。
しかしこれが日本にとって何だというのだ。

中国の通貨は世界で使われている国際決済通貨(ハードカレンシー)
ではない。
貿易額や国際取引が増えている中国が、他の先進国通貨をたくさん
持つことは当たり前だ。
人民元は国際舞台では信用されておらず、しかも使えないからだ。

しかし日本は違う。
円という通貨を持っているため、国際決済でも幅広く使えている。
さらに将来性については、ユーロの次に台頭するだろう。
(ちなみにドルは紙屑になる)

逆の言い方をすれば、日本の外貨はあまりにも多すぎるのだ。
欧米では1兆ドルもの外貨準備なんて持っていない。
非常に少ないのが現状だ。
しかしなぜここまで日本の外貨が膨大になってしまったのか?

一言でいえば、意図的に米国を支えてきたということだろう。
今の自民党や官僚は、戦略的な野望を持っていないからだ。
情けないにも程がある。
今年、米国債を全額円建てにするという民主党政権になれば、ドル
は一気に70円台になるだろう。
ちょうど欧米の9月危機が訪れる時期と重なるからだ。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« 2010W杯南アフリカ大会に黄色信号か? | トップページ | 最新情報 中国の米国債保有額がさらに増加 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010W杯南アフリカ大会に黄色信号か? | トップページ | 最新情報 中国の米国債保有額がさらに増加 »