« 民主党マニフェスト : 従業員の均等待遇(3) | トップページ | 日本のマスコミは、国民を恐怖へ晒すのが仕事 »

米国の累積財政赤字 「9兆ドル」 の大嘘

米政府が先日2010~19年度の累積財政赤字予想を上方修正し、
従来予想の7兆1080億ドル(約670兆円)から、約9兆ドル
(約850兆円)に修正する可能性が出てきたと伝えた。
今回の修正理由として、昨年秋から冬にかけての深刻な景気落ち込
みを反映させたものとしている。

嘘っ八で、楽観的な公表もいい加減にして欲しいと言いたい。
そもそもヒトケタ違うだろう・・・と。
さらに2019年になると、公表の基準値から考えてみても、現在
の何倍にも達することは確実なのだ。

だいたい米国政府は、公表するデータは中国政府と似通っている。
金融機関の赤字や負債については、全くもって正直に公表しようと
しない。
勝ち組金融機関と言われているJPモルガン・チェースですら、
実質の負債は80兆ドルもあるといわれている。

このイチ企業だけで、米国GDPの6~7倍もあるのだ。

先日のブログでも投稿したが、現在のように一時的に景気の落ち着
きがあっても、ほんの数ヵ月後には再度の大恐慌が訪れるのだ。
何度も何度も繰り返すが、その時期は来月(9月)中旬だ。
ハッキリ言おう。第2のリーマンショックが起こるということだ。
今からそれなりの覚悟をしておいた方がいい。

さらに今年中に商業用不動産担保ローン証券(CMBS)4000億ドル
の満期が訪れる。
プライムローンの焦げ付き増加とほぼ同時期に発生し、この原因に
より、各州の地方債の引き下げがどんどん起こってくる。
まさに桁違いのデフレスパイラルが今後数年間続くのだ。

各国による米国債の購入や財政出動も、完全に焼け石に水。
これより二桁くらい増えないと梨の礫なのだ。
日本のメディアは米国資本に操られているから、結果論は伝えるが、
予想論や予想データは絶対に報道したりしない。

今後米国に投資する商品は、旅行と留学費用だけにしたほうがいい。
現に欧州の世界的シンクタンクは、3、4年後に米国は先進国でなく
なるといっている。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« 民主党マニフェスト : 従業員の均等待遇(3) | トップページ | 日本のマスコミは、国民を恐怖へ晒すのが仕事 »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 民主党マニフェスト : 従業員の均等待遇(3) | トップページ | 日本のマスコミは、国民を恐怖へ晒すのが仕事 »