« 高速道路の無料化は経済を活性させる | トップページ | 中国が7月、再び米国債を買い増した »

韓国の ‘ ドル買い介入 ’ 本当の理由

韓国通貨当局は15日、通貨ウォンの上昇を抑えるため、ドル買い
介入を実施したという。
どのくらいの規模については定かではないが、先日の統計で、輸出の
伸びが鈍化したこともあり、そのための介入に踏み切ったのではない
かと思われている。

14日には1ドル90円前半だった為替は、昨日91円前半と、たっ
た一日で、1円もの円安ドル高に振れた。
韓国にとってデリケートな情報のため、どこのメディアもほんの数行
だけにとどまっている。

一方この間、ウォンは円に対しても次第に安くなってきている。
もはやいうまでもない。最近の円高を阻止したいがために、ドル買い
介入に踏み込まざるをえない理由だったのだ

日本との間で通貨スワップを実行している韓国は、まぎれもなく円高
を一番恐れている。
通貨スワップは、「期限」 と 「限度額」 が必ず設定されるので
期限が来ると、その時点での為替相場で返済されなければならない
ウォンが安くなると、スワップ開始時で借りた額以上の返済が必要に
なるからだ。

また韓国は1年以内に返済を要する 「短期対外債務」 を抱えている。
額は膨大だ。

世界に対して債務超過の韓国は、経済的に伸吟しているのは事実。
日米中との間でスワップを締結しているが、欧州との間では締結して
いない。(というか、できなかった)
それより韓国が為替介入をしたところで、規模自体はしれている。

日本との期限は、いよいよ10月31日。
米国とは、2010年の2月。

日銀との間で再度延長の可能性も残っているが、日本からの借り入れ
はこれからもどんどん増えていくのは決定的。
もし日銀が延長を認めなければ、さらなるウォン安は不可避なため、
韓国は一層の経済苦に陥っていくのは確実だ。
可哀そうだが、残された道はもはや無いといっていい。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者
  

|

« 高速道路の無料化は経済を活性させる | トップページ | 中国が7月、再び米国債を買い増した »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高速道路の無料化は経済を活性させる | トップページ | 中国が7月、再び米国債を買い増した »