« G7で “ 円高を取り上げない ” 安心した | トップページ | 東京オリンピックの落選、本当に悔しい。 »

JALへの外国支援は危険。国有化が一番。

世界的金融危機による不況や新型インフルエンザ、さらに昨年
の燃料高騰などで打撃を受けた航空業界。
これは何もJAL(日本航空)だけの話ではありません。
欧米でも昨年は世界的航空会社の経営破綻が相次ぎました。
格安航空会社も例外ではなく、基本料金は安価でも燃油代は変
わらないなどで、乗客の足を引っ張ってきたのです。
さらに世界的な不況が追い打ちに。
企業のコスト削減で出張費を抑えられてきたことも要因です。

しかし日本における航空会社の経営不振は、決して世界的不況
だけでの理由ではありません。
昔から続いてきた 「甘えの構造」 も大問題です。
さらにさらに、、、これだけではないのです。
昔から米軍基地問題という構造的な問題を抱えているのも最た
る理由と考えられます

今でも米国航空会社との資本提携が噂されているが、
絶対にやめてもらいたい。米国の思う壺にされてしまう。
それより欧州の提携のほうがJALのためになる。
さらにいえば、外国資本との提携よりも国有化のほうがいい。

知っての通り、東京を中心とした首都圏内には、いくつかの在
日米軍が基地をかまえています。
とくに米軍が管理する横田空域は、一都八県にまたがっている
のです。
このため羽田空港と西日本方面を結ぶ航空路の設定が制約され
ていて、不自然な飛行ルートを余儀なくされるとともに、航空
路の過密化を招いているわけです。

成田や羽田からアジア・欧州方面へ向かっている途中で、
何となく別方向へ傾いているという感じがしませんか?

今後は、首都圏に発着する航空機は、成田空港の充実や羽田空
港の再拡張により、さらに増加しすることになります。
特に羽田空港の場合は、空港容量が今より約1.4倍に増加す
ることを踏まえなければなりません。
効率的で騒音影響を少なくさせていくために、合理的な航空交
通を確保していかなければならないのです。
それには民主党政権の下、横田基地を返還させ、首都圏の空域
を再編成することが必要不可欠でしょう。

同時に発着料金も足を引っ張っています。
国際線でいえば、成田、羽田、関空、中部はすべてコスト高。
韓国の仁川(インチョン)のような国際的なハブ空港を整備し
てこなかった問題がある。
いま中南米やアフリカの航空会社が、羽田や成田の発着を随分
前から申請しているにも関わらず、なかなか認可が下りないの
は、こういった旧政権や官僚(国土交通省)のやる気のなさが表
れていた証拠です。

とにかく米軍の飛行演習ルートを邪魔してはいけない。。。
米軍で働く人の雇用をずっと守っていきたいという理由です。
本当に情けない. . !! 
自民党時代の古き悪しきの信仰だったのです。

発着料金といった物質的な問題も、米国に貸してある金を返却
させ、これを充当させてもいい。
将来基地で使用している土地も帰ってくれば、正に一石二鳥。
ぜひ民主党政権で実現してほしい問題です。
岡田外務大臣の手腕に期待しています。

 ★シティアライアンス 代表兼「ヒルザー・ドットコム」運営者

|

« G7で “ 円高を取り上げない ” 安心した | トップページ | 東京オリンピックの落選、本当に悔しい。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« G7で “ 円高を取り上げない ” 安心した | トップページ | 東京オリンピックの落選、本当に悔しい。 »