« 最も賞賛される国が米国?? 誰も信用しない | トップページ | 悲し過ぎる. . . 米国自動車メーカーの現実 »

ノーベル平和賞 まだ米大統領に資格無し!

ノルウェーのノーベル賞委員会は、今年の平和賞をオバマ米大統
領に授与することを決定した模様だ。
大統領の核なき世界についての理念や取り組みを重視したようだ。
彼が演説した核なき世界の理念は、核軍縮や軍備管理交渉に力強
い刺激を与えたという。
それにしても、

“ 理念 ” だけで、ノーベル賞が与えられるのか?
これが本来の平和賞の授賞理由なら、これほど楽なことはない。

去年、日本国中を一世風靡したノーベル物理学賞の3氏と化学賞
の一人は、発見や発明後も数十年にも及ぶ実績を残し続け、やっ
とのことで受賞したのだ。

今回の平和賞は、とても受賞段階まで至ってはいない。
なぜなら理念や演説だけで、まだまだ実績を残せていないからだ
本当に世界中で核軍縮を削減できるかどうか疑問なのだ。
イスラエルとパレスチナ、南北両朝鮮の二の舞にならないことを
祈る。

さらに最後に一言。
自分の国以外の首相や大統領の受賞で、ここまでトップニュース
扱いする日本のマスコミが情けなくてならない。
もういい加減にしてほしい・・・。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« 最も賞賛される国が米国?? 誰も信用しない | トップページ | 悲し過ぎる. . . 米国自動車メーカーの現実 »

国際情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最も賞賛される国が米国?? 誰も信用しない | トップページ | 悲し過ぎる. . . 米国自動車メーカーの現実 »