« 仰天! 中国より日本の外貨準備高が多い事実 | トップページ | 衝撃情報 八ツ場ダム工事はまだ始まっていない! »

韓国は日本文化を模倣(マネ)することが商売

今日は韓国における知的財産権の問題について取り上げたい。
韓国では放送の不祥事というのが今でも後を絶たない。
その問題の対象とされる国が日本である。

今年の7月22日、バラエティ番組『驚くべき大会スターキング』
の中で放送された 「3分出勤法」 が、日本の番組の盗作だったこ
とを珍しく認め、謝罪した。
また3月14日、フィギュアスケート選手のキム・ヨナがSBSの
インタビュー内で 「練習を妨害された」 と発言したのをSBSが
勝手に  「日本人選手に~」  と付け加えて放送したために、両国
のメディア及びスケート連盟を巻き込んでの大騒動となった。
これについてSBSは、謝罪及び訂正を一切行わなかったという。

これだけではない。
フジテレビが 「トリビアの泉」 の構成をKBSとSBSに盗用さ
れた疑いがあるとして、法的対応を検討したこともある。
さらに日本テレビの 「行列のできる法律相談所」 では、韓国でそ
っくりの番組が放送されていることが紹介され、出演した弁護士か
ら、番組のアイディアの盗用は著作権侵害まで当たらないものの、
具体的表現が類似する場合には、著作権侵害の可能性も十分あると
の指摘等がなされたのだ。
この問題については動画サイト<YouTube>に紹介されているので、
一度見てほしい。以下のタイトルで検索すればOK。
“ Korean copying Japanese TV show 日本のテレビ番組を
パクリまくる韓国 ”

また韓国では、今でも少なからず海賊版や模倣品も横行しており、
行政・立法を含め知的財産権の保護に対する意識が依然として低い
と指摘されている。

韓国では60年代から日本製アニメが多く放映されていたが、日本
の番組を韓国国内で放送すること自体違法であったため、制作国を
伏せたり、または内容を改竄していたりしたため、多くの韓国人は
日本製アニメを韓国製と信じて見ていたという。
特に、著作権、意匠権、商標権によるマーチャンダイジングが収入
の大きな柱になっているアニメではその影響は実に大きい。

70年代に、ドラえもんに類似したキャラクター「トンチャモン」、
「ドングリ」のコミックやアニメーショングッズが流通した。
また同時期に制作された韓国の国民的スーパーアニメ 「テコンV」
は 『マジンガーZ』 や 『グレートマジンガー』 のデザインに酷似
していて、一部からは盗作・盗用のレベルであると指摘を受けるた
ともある。

この当時は、日韓の間で文化交流は一切なかったハズだ。

さらに07年には、韓国の歌手IVYの『誘惑のソナタ』のミュージ
ック・ビデオが、『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』
を盗用したものであるとして、権利者のスクウェア・エニックスが、
韓国所属事務所のファントム・エンターテインメントを訴えたのだ。
ソウル中央地裁は、立派な侵害にあたるとして放映禁止処分の判断
を下した。(ある意味、相手側も争ったということもポイント)

これ以外に、日本の菓子類やゲームソフトまで模倣し放題だ。
日本のハイテク産業だけではないのである。
とにかくアニメなどに対しては、以前このブログでも投稿したが、
3年ほど前から世界的な動画サイト(YouTube)が生まれ、世界中の
アニメがアップロードされている。
このことで皮肉にも日本を模倣した韓国アニメが世界中で大批判
を受けている状態。
まるで可哀想なほどのコメントがズラリと書き込まれている。

韓国は90年代、著作権に関する基本条約の、【 ベルヌ条約 】。
知的財産に関する条約、【 TRIPS協定 】に加盟している。
よって知的財産権保護が強化され、ある程度の改善は認められて
いるものの、万全なものとは到底いえない。
悲しいが、韓国や中国は日本の文化や技術を取り入れることでし
か生き延びる術はないように思える。(たとえ合法であっても)

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« 仰天! 中国より日本の外貨準備高が多い事実 | トップページ | 衝撃情報 八ツ場ダム工事はまだ始まっていない! »

アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仰天! 中国より日本の外貨準備高が多い事実 | トップページ | 衝撃情報 八ツ場ダム工事はまだ始まっていない! »