« 米国の財政赤字、戦後最悪数字に大ウソ | トップページ | 「電気自動車」 から 「太陽電池自動車」 へ急げ »

米大統領が平和賞を受賞した本当の理由

9日、就任わずか9カ月でノーベル賞を受賞するというニュース
に驚いたのは、ほかならぬ大統領自身だっただろう。
過去の受賞者には、ほとんどがその実績に基づいて賞が贈られて
いる。

実は今年1月に政権の座に就いたオバマ氏だが、就任からたった
2週間足らずでノーベル賞候補に挙がっていたという。
一体ノーベル財団に何が起こっていたのか?
授賞理由の本当の意味は何だったのか?
世界中で懐疑的な意見と見方が広がっており、波紋を呼んでいる。

前大統領が好戦的な人物だったことで、2人の歴然とした差が表
れたのではないか?
しかしこれだけではいくらなんでも説得力に欠ける。
最後にこれしかない。私個人の意見としては、

将来、戦争を二度と起こさせない為のプロパガンダを狙った
ものではないだろうか?

弁護士資格をもつ本人だけあって、理不尽で違法な方向性は絶対
に示すことはない。
他の国と比較して一桁も二桁も多い財政赤字を持つ米国は、もう
これ以上戦争を起こす力も残っていない。
これまで以上に米国債の買い手達が買い増すことはなくなるから
だ。

米国は依然としてイラクとアフガニスタンでの2つの戦争を抱え
ている。
こういった国に派遣されている軍人たちを呼び返すことも加速し
ていくだろう。
おそらくこういった意図もあったと思われる。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« 米国の財政赤字、戦後最悪数字に大ウソ | トップページ | 「電気自動車」 から 「太陽電池自動車」 へ急げ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米国の財政赤字、戦後最悪数字に大ウソ | トップページ | 「電気自動車」 から 「太陽電池自動車」 へ急げ »