« ドバイ 地獄の経済破綻 金融危機と不動産バブル崩壊(1) | トップページ | ドバイ 地獄の経済破綻 金融危機と不動産バブル崩壊(3) »

ドバイ 地獄の経済破綻 金融危機と不動産バブル崩壊(2)

アラブ首長国連邦(UAE)を構成するドバイは、巨大なヤシの木の
形をした人工島パーム・デイラを造る計画を立てていた。
根もとの部分だけ計画通りに埋め立てられたが、そこから先の工事
は、昨年のリーマンショックが襲い、現在も中断したままになって
いる。

人工島の建設主は、ドバイの政府系不動産ナキールだ。
ドバイワールドの傘下にあり、ヤシの木や世界地図を模倣した人工
島を相次いで造り上げてきた。
世界最高の地上800メートル超の高層ビル 「ブルジュ・ドバイ」
を建設していたエマールと並び称する、地元の主役企業である。

しかしドバイ首長国は11月25日に、ドバイワールドとナキール
の債務返済を繰り延べるよう、債権者である金融機関に通告。
来年の5月まで、半年間返済を猶予して欲しいものだった。
これが一気に世界中に駆け巡った。リーマンショック以来の唐突な
ものであった。
本来なら貸し倒れの心配がないはずの相手だった。
HSBCをはじめとした欧州の銀行は、ドバイ全体の債務残高であ
る800億ドルのうち、ドバイワールド向けに590億ドルを貸し
つけていたという。

信用力のある融資先が一方的に返済猶予を宣言し、世界経済は一時
的な大混乱に陥った。いわゆるドバイショックである。
その後すぐ、欧米の格付け会社は一斉にドバイの民間銀行や政府系
企業を格下げ、今回の返済猶予を
“債務不履行(デフォルト)とみなす” とコメントした。

この事態によって投資家たちは巨額の不良債権の発生を予期し、
欧州銀行株はさらに売られ、それが世界の株式市場や為替相場に
波及していった。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« ドバイ 地獄の経済破綻 金融危機と不動産バブル崩壊(1) | トップページ | ドバイ 地獄の経済破綻 金融危機と不動産バブル崩壊(3) »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドバイ 地獄の経済破綻 金融危機と不動産バブル崩壊(1) | トップページ | ドバイ 地獄の経済破綻 金融危機と不動産バブル崩壊(3) »