« 普天間基地移設問題 鳩山総理は参院選と名護市長選挙の結果で。 | トップページ | ユーロ圏 商業不動産市場が事実上停止。評価損予想額が増加 »

米銀の破綻 商業用不動産バブル崩壊で今年140行目

米連邦預金保険公社は、米銀7行が新たに経営破綻したと発表。
これで今年の米銀破綻は合計140行にも上った。
同社は今年中にも更なる破綻数を予想している。

今回破綻した銀行の資産は合計144億ドル。
そのうち2行はカリフォルニアの銀行。
同州ファースト・フェデラル・バンクは、今回破綻した銀行の中で、
資産61億ドルと7行の中では最大規模。
また同州インペリアル・キャピタル・バンクの資産も40億ドルだ。

米国では商業不動産の取引は事実上停止状態にあり、これは州を超
えて、国家を左右する事態になっている。
来年2010年は非常に危険なケースを想定しなければならない。
国家的大惨事は2年後に訪れる運命にある。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« 普天間基地移設問題 鳩山総理は参院選と名護市長選挙の結果で。 | トップページ | ユーロ圏 商業不動産市場が事実上停止。評価損予想額が増加 »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 普天間基地移設問題 鳩山総理は参院選と名護市長選挙の結果で。 | トップページ | ユーロ圏 商業不動産市場が事実上停止。評価損予想額が増加 »