« 米銀の破綻 商業用不動産バブル崩壊で今年140行目 | トップページ | ドバイワールド 不動産バブル崩壊による金融危機で返済案停止 »

ユーロ圏 商業不動産市場が事実上停止。評価損予想額が増加

欧州中央銀行(ECB)は、ユーロ圏銀行の評価損総額予想は過去半年
に増加し、銀行システムのリスクが軽減しているにもかかわらず、
現在も緩やかな増加を続けていると指摘した。

07─10年の銀行の評価損総額は5530億ユーロと予想。
これは6月時点の4880億ユーロから増加したようだ。
その一方で評価損残額は1870億ユーロと、6月時点の2140億
ユーロから減少したとも付け加えた。

ECBは金融安定報告のなかで 「2010年末までに予想される評価
損残額の減少は小幅であり、比較的短期間に銀行のコア利益でその影響
を和らげる必要があることを意味する」 と苦し紛れに説明。
一方で金融システムの状況は改善したとし、金融セクターの支援プロ
グラムやマクロ経済面での刺激策、進行中に回復しつつある景気により、
ユーロ圏の金融システムの緊張は明らかに軽減している」 と指摘した。

その上でユーロ圏の金融市場には3つの重要なリスクがあるとし、
金融緊張の再発、商業不動産市場や東欧に対する為替変動リスクとい
ったエクスポージャー、そして金融市場回復の一段の後退を挙げた。

最も心配されるのが、やはり英国だ。
リーマンショック後、98%も下げた株価によって、その後は95%
国有化されてしまった。
英国だけではない。スイスの大手銀行も事実上破綻している。
ましてや東欧諸国の銀行は本来の業務を果たしていない。
米国だってシティグループはもちろん、バンカメも破綻が近い。
欧州の財政破綻は、すぐそこまで来ているのだ。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« 米銀の破綻 商業用不動産バブル崩壊で今年140行目 | トップページ | ドバイワールド 不動産バブル崩壊による金融危機で返済案停止 »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米銀の破綻 商業用不動産バブル崩壊で今年140行目 | トップページ | ドバイワールド 不動産バブル崩壊による金融危機で返済案停止 »