« 欧州経済危機 オランダとスウェーデンの失業率が1ポイント悪化 | トップページ | ユーロ圏の景気後退 フィンランド経済も徐々に悪化 ノキアは? »

ユーロ圏の景気後退は正念場 PIIGSのCDSが急上昇中

ギリシャやスペイン、ポルトガル、アイルランドの債務返済への
懸念から、最近では別の大きな不安に移りつつあるという。
どうやら欧州諸国の一部は、時に秘密裏に複雑な金融商品取引に
手を染めて、債務や財政赤字の実態を意図的に隠しているのでは
ないかという不安要素だ。

その最たるものがデリバティブ取引であろう。
ユーロ圏各国の政府は、デリバティブ契約について全容を明らか
にすることは、とくに義務付けられておらず、個人や機関投資家
が、潜在的なリスクを把握するのはほぼ不可能にあった。
情報開示が十分にされていないうえ、故意に隠していたというも
のに他ならない。

関係筋によれば、ゴールドマンサックスは98~01年にかけて
ギリシャとの間で12件ものスワップ取引を締結していたようだ。
そしてクレディ・スイスも同じ期間に、ギリシャとスワップ契約
を取り交わしたという。
さらにドイツ銀行も、98~03年にポルトガル政府の代行で、
為替スワップを執行していたことを明らかにした。
ちょうどこのころは、どこかの国とは対照的に、欧州経済が力強
く上昇していたころだ。

欧州の銀行貸出債権は、多くが企業や不動産向けであり、
その額はなんと、米国の5倍近い額だという。
つまり企業の破綻は、銀行の財務を一気に収縮させるも
のである。

商業用不動産ローンの焦げ付きは、欧州も例外ではない。
とにかくドイツは金融危機前、レバレッジ(梃子)を世界中で最も
高く設定し、金融取引を行っていたのだ。

一番の問題は、欧州全体のの債務・財政赤字基準を満たすため、
デリバティブを使って財政収支や債務を人為的に操作できていた
ことである。
ギリシャのデフォルト懸念が世界中の金融市場を動揺させるまで、
こうした不透明なデリバティブ取引に全く無関心だったことだ。

ゴールドマンサックスと為替スワップを結んでいた、当時のギリ
シャ首相補佐官は、
「財務省の小ざかしい馬鹿者が債務水準をごまかそうとして行っ
たものだ」 と今更ながら指摘している。
スワップ取引はやるべきではなかった. . と反省しているようだ。
しかしこれも後の祭り。

とにかくここ半年間ほど、PIIGSと皮肉られている欧州諸国
のCDSスプレッドが急上昇している。
さらに代表国のドイツやフランスのCDSも少しばかり上昇して
いるのだ。
比較的安定しているのはオランダくらいなものである。
しかし忘れてはいけない。オランダも立派なユーロ通貨国である。
火種はすぐそこまでやって来ている。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« 欧州経済危機 オランダとスウェーデンの失業率が1ポイント悪化 | トップページ | ユーロ圏の景気後退 フィンランド経済も徐々に悪化 ノキアは? »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 欧州経済危機 オランダとスウェーデンの失業率が1ポイント悪化 | トップページ | ユーロ圏の景気後退 フィンランド経済も徐々に悪化 ノキアは? »