« タイ反政府デモ 経済・金融危機の中、特徴的な観光業も大損失(1) | トップページ | パキスタン経済危機 政治不安から成長率も低下し、テロも頻繁 »

タイ反政府デモ 経済・金融危機の中、特徴的な観光業も大損失(2)

まだ金融危機が過ぎ去っていない中、今回タイの首都バンコクで
10日夜起きた反政府デモ隊と治安部隊による衝突で、11日夕刻
までに犠牲者が21人、負傷者も870人を超えたという。

タイ独自のマイナス要因として、国内で政治的なリスクが急激に高
まっていることだ。
こういった政情不安を嫌気した外資が、タイ国内から資金を引き揚
げることによって、直接的な経済要因以外においても、通貨バーツ
の下落圧力を加速させている。
ヨーロッパの格付け会社フィッチ・レーティングスは12日、今回
の衝突を受けて、同国の自国通貨建てのソブリン格付けについて
「特に懸念している」 と表明した。

タイは08年から09年前半には再度の通貨危機を防ぐために、
繰り返しドル売り介入を行った。
しかしその後の反動で、ドルやユーロといった通貨安が加速してい
き、輸出保護の政策からドル買い介入も行ってきた。
少しばかりの為替変動に大きく敏感するのは中国だけではない。

タイでは過去にも、不正株取引疑惑のあるタクシン元首相の追放を
求めて06年9月に陸軍によるクーデターが勃発した。
さらに08年9月には、当時のサマック首相の退陣を求め、政府支
持グループと反政府団体が首都バンコクで衝突。
同月に同首相は憲法違反で失職し、ソムチャイ・ウォンサワット氏
が新首相となった。

しかしこれで納得しないのがタイ国民である。
反政府団体は政府に対する反発を一層強め、08年11月には首都
近郊の2つの空港を占拠し、閉鎖されるという事態になった。
一週間以上もヒトやカネの動きが止まり、タイ経済のなかでも大き
な割合を占める観光業に大打撃をもたらした。

タイ経済における観光業の割合は毎年10%近くにも上っている。
今でも毎月、外国人観光客が25万人も訪れる国なのだ。
しかし今月に入って3割ほどの観光客が減少しているという。
毎年4月に行われる水かけ祭りも中止が決まったようだ。

最近ではタイのパタヤで、09年4月11日と12日に予定されて
いたASEAN関連会合が中止されたことが記憶に新しい。
開催が予定されていたのは、ASEANプラス3(日中韓)首脳会議
と、豪州、ニュージーランド、インドの東アジア首脳会議だった。
デモ隊2千人ほどが会場のホテル前に集結し、その後も急激に数が
増え、数百人がロビーのガラスを壊し乱入した。
結局ホテル内の混乱が収まらなかったため、アピシット首相は会議
の中止を発表したというものだ。

タイではプミポン国王の意思が絶対視されているため、国王が仲裁
に入るなどの措置を講じなければ、今回のようにタクシン派と反タ
クシン派の対立を打開するのは難しいかもしれない。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« タイ反政府デモ 経済・金融危機の中、特徴的な観光業も大損失(1) | トップページ | パキスタン経済危機 政治不安から成長率も低下し、テロも頻繁 »

アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイ反政府デモ 経済・金融危機の中、特徴的な観光業も大損失(1) | トップページ | パキスタン経済危機 政治不安から成長率も低下し、テロも頻繁 »