« ロシア経済情勢・危機 ガスと石油が特徴 今後の見通しは崩壊へ(1) | トップページ | ギリシャ、エストニア、リトアニア、ルーマニア失業率が動かない!? »

ロシア経済情勢・危機 ガスと石油が特徴 今後の見通しは崩壊へ(2)

資源産業だけではなく、金融面においても欧州地域が危機的状況に
なると、ロシアにもその悪影響は甚大になる。

ロシアは日本と同様に、リスクの高いサブプライム証券に投資して
こなかったので、融資の焦げ付き問題とは一見無縁に思えてしまう
が、間接的な影響については逃れられなかった。

ロシアの金融機関の多くは、欧州先進国の金融機関からユーロ建て
で資金を調達し、高い金利で企業や個人に貸し出すというビジネス
モデルを採用していた。
うまく海外から資金調達できた理由は、政策金利が10%を超えて
いたこともあり、貸し出し国内で資金調達をするより、海外で資金
調達するほうがコスト上、有利に働いたからだ。

しかしロシアや新興国で活発に動いていたこのビジネスモデルは、
リーマンショック後、欧州地域で信用収縮が発生すると、銀行間の
金利が上昇して、海外からの資金調達が困難になるという問題が出
てくるのだ。 これは返済負担が重くのしかかることになる。
対外債務残高を見ても、08年3月には1714億ドルに上ってし
まい、1年余りで約5割も増加している。

ただロシアでは、中国が安価な輸出品で莫大な富を稼いできたこと
と同様に、資源輸出の拡大によって、ここ数年外貨準備高が潤沢に
なってきた。
また石油輸出代金の一部を政府が積立ててきている基金にも、多く
の資金がプールされているので、イザとなったら発動できる余地が
大きく
、98年に味わった通貨危機までは起こらないだろう。
米国債の保有も2月時点で1200億ドルもある。

しかし問題はこれからだ。
欧米諸国の景気急減速は今年中に再度訪れる。
9月には第2のリーマンショックがやってくる。
せっかく上向いてきた原油価格が再び急降下する可能性が高い。

天然ガスは環境にもよいことから、今後も需要は拡大していくだろ
うが、世界的なトレンドは “脱石油” である。
日本やドイツのようなモノ作り国にはほど遠いし、政治的な意味で
も日本や欧米からの投資は、なかなか上向くことはない。
ロシア国民は比較的親日で、日本の若者文化が毎年拡大している。
日本食も根付き始めていることから、日本の政府はこういった文化
を汚すことなく、うまく解決していって欲しいものだ。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« ロシア経済情勢・危機 ガスと石油が特徴 今後の見通しは崩壊へ(1) | トップページ | ギリシャ、エストニア、リトアニア、ルーマニア失業率が動かない!? »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロシア経済情勢・危機 ガスと石油が特徴 今後の見通しは崩壊へ(1) | トップページ | ギリシャ、エストニア、リトアニア、ルーマニア失業率が動かない!? »