« 築地市場の見学を一時的に中止 ランチもグルメも大盛況!! | トップページ | 韓国政党 与党ハンナラ党が来日 通貨スワップの再々々延長要求か »

中国 人民元レートの切り上げ問題 変動幅拡大をついに容認か!?

中国政府系エコノミストは、中国が人民元レートの1日当たりの変
動幅を拡大する案が浮上していると語った。
世界的な信用危機を受け、08年7月から対ドルで固定している元
相場について、緩やかな上昇再開を認める可能性があるという。

ここ数カ月間、温家宝首相らは人民元は決して過小評価されていな
いし、欧米諸国からの切り上げ圧力にも屈しないと繰り返し発言し
てきたが、そのトーンは最近控えめになっているという。

しかし日本が85年のプラザ合意後のような、急激な円高容認には
ほど遠いといわれている。
中国当局が、人民元相場の1日当たりの変動幅を現行の上下0.5%
から1%程度に拡大し、その後は緩やかな上昇を容認するだろうと
予想している。

これはまだまだドルペッグ制へ固執するものだ。
中国は欧米諸国同様、近いうちにドルが急激に下落するだろうとい
う見通しは確実に持っている。
しかしドルより早くユーロが消滅危機に瀕していることから、今後
も中国はドルの基軸体制を願っていることは確かだ。
かつての日本のような技術を中国は今でも持ち合わせていない。
安価な製品を大量に製造できるが、家電や自動車、その他工作機械
に至っても、日本や欧米の技術供与がないと作れないのだ

これだけ消費が収縮しても、不動産価格は再度バブルに踊っている
ことは、世界の趨勢とまったく逆である。
今後先進国の経済がますます悪化していくと思われる中、中国が
保有している莫大な米国債を一気に売却することは困難だと思える。
今の中国にそこまでの勇気があるか?
為替レートの上昇で、人民元強化という考えよりも、全ては輸出の
促進で今の経済を維持していきたいという思いしかないのだ。

今年5月、6月頃にやって来る短期米国債の償還期限に至っても、
売却後は、すぐにまた買い増す可能性が高い。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« 築地市場の見学を一時的に中止 ランチもグルメも大盛況!! | トップページ | 韓国政党 与党ハンナラ党が来日 通貨スワップの再々々延長要求か »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

いつも 解答 ありがとうございますcoldsweats01

ブログの一部分をコピーさせていただいたんですが ‘今の中国にそこまでの勇気があるか’という内容について 仮に 中国は米国債を大量に売ると 世界の流れはどう変わってくるんですか?その中に一番の受益者は誰ですか?
宜しく お願いします

投稿: | 2010年4月 8日 (木) 23時56分

いつもコメントありがとうございます。

中国は政治的な意図という意味でもそうですが、やはり経済を落とさないように、米国を守るということでも大量の米国債を保有しているんです。

日本は政治的な意図もあるでしょうが、米国債を失っても、中国ほど経済に影響はないでしょう。
自民党時代から、米国に言われるままに、仕方なく購入してきたという政策でしたから。

結局米国債を売り払えば、中国も大きな痛手を受けます。
中国共産党も十分承知していますから、なかなか売却できないのです。
国内の雇用問題の悪化から、今以上の暴動が各地で起こるでしょう。

中国の米国債投げ売りによって、結局漁夫の利を得るのは、日本かもしれません。
大幅な円高が到来し、神風が吹くでしょう。
かつて急激な円高の後は、必ずバブル景気が起こりましたが、こういった点には一定の規制を行う必要がありと思います。

投稿: ヒルザー | 2010年4月 9日 (金) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 築地市場の見学を一時的に中止 ランチもグルメも大盛況!! | トップページ | 韓国政党 与党ハンナラ党が来日 通貨スワップの再々々延長要求か »