« 韓流スター 東方神起が解散決定 オリコンチャート操作疑惑が浮上 | トップページ | クールジャパン現象 動画YouTubeによるアニメからカワイイまで! »

米国(アメリカ)失業率 雇用が増加しても、統計数字が横ばいな理由

米国労働省が発表した3月の雇用統計によると、非農業部門に
よる雇用者数は前月比で16万2000人増え、07年3月以来で
最大の増加になったという。

しかしこの大幅増の3分の1近くは、調査に向けた職員の一時的
な雇用が原因だというのだ。
これは10年ごとに実施される米国勢調査に向けた臨時雇用が、
4万8000人の雇用増につながったものに過ぎない。
安定的な労働市場の回復にはまだまだ時間がかかることが示さ
れた格好だ。

同統計によると、3月の週平均労働時間は34時間。
前月水準から0.1時間増加した。
一方で3月の平均時給は前月比0.1%減少し、22.47ドル
となったという。
これでも日本の一般労働者よりは高額だが、貧富の差が世界一
激しい国だけに、いまだ生活環境が改善されていない庶民は多い
だろう。

さて今回発表された失業率は3カ月連続で9.7%。
しかし一ヶ月間で16万人余りの雇用が増えたというのに、数字
の改善が全く表れていない

摩訶不思議な感覚を覚えるのは私だけだろうか?
失業率の定義はそれぞれの国によって若干違ってくる。
もしかしたら米国では、臨時的な就業者は人数に含まれないとい
うこともあるかもしれない。

やはり妥当な考えとしては、
臨時雇用者数と同じくらい、失業者数が増えたのではないか. . .
という見方だろう。

各社のオンライン記事を読んでも、2月に襲った大雪の影響が遠
のき、雇用が改善した。。 という楽観的な掲載しかしていない。
これもある意味で政治的な陰謀策が見え隠れする。
時間給をわざわざ紹介したのも、米国が依然として高給なのだと
いうことを世界にアピールさせたいがためだ。

09年春から復調したという経済は、リーマンショック後の反動も
大きいが、大規模なリストラを実施したことによって収益が改善
したということもある。
しかしそれも今年の後半に差し掛かると、こういった失業率だけ
でなく、経済全体の回復が一時的だということがわかるだろう。

個別にみても、サブプライム層の底は1年前には終わっている。
もちろん一人一人の借り手の生活環境は大変だが、マクロでみた
場合、2番底はもうない。
今後訪れるのはプライム層や商業不動産の総崩れだ。
サブプライムローンの数倍の規模を借りている。
こういった富裕層はすでに仕事を失っても、預金や株を持ってお
り、そういった資産の売却で当面喰い繋いでいくことができるが、
いつか限界は訪れるもの。
その最悪期が、1年半後の2011年秋だ。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« 韓流スター 東方神起が解散決定 オリコンチャート操作疑惑が浮上 | トップページ | クールジャパン現象 動画YouTubeによるアニメからカワイイまで! »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

某掲示板で興味深いコピペを発見しました。

>2010年04月02日


>新100$札


>米財務省は、偽札対策強化の一環で発行を予定している新100ドル札を4月に公開すると発表した。
>新札は、デジタル技術や従来の印刷による紙幣偽造防止のデザインにした。4月21日から新札流通に
>あたり世界各国に旧札から新札についての取り扱いを通知する。4月21日から世界経済が大きく変化する
>可能性が出てきました。金との兌換(10分の1)とも云われて
>おり、何か大きな出来事が発表される
>のでは?と観測されています。旧札と新札の交換比率や旧札の使用制限が発表された場合は、大混乱と
>なる可能性があります。アメリカ財政の建て直しの一環の新札発表と見ればデノミの実施を目論んで
>いるとも見ることができます。日本では4月から新年度が始まったばかり。花見で大騒ぎしている場合
>ではありません。日本財政も一触即発の状態。中国もバブル崩壊の前兆現象が多発しています。
>ユーロ圏内の騒ぎも治まりそうもありません。次から次へと火の粉が飛んでおり、PIGS各国も財政破綻
>問題が大きく報道されています。世界中大混乱となる可能性が高まってきました。

>ttp://blog.livedoor.jp/taxlabo358/archives/51382269.html


>演出された株大暴落 

>株価の大天井から55日±1日で大暴落が起こされるという法則である。クラブ・オブ・アイルズはそれをあたかも
>儀式のように、しかも宗教的儀式のようにおこなってきた。かつての世界大恐慌のスタートは1929年10月29日
>であった。このときの大天井は1929年9月3日であり、したがって大暴落は55日±1日の10月29日であった。
>ブラックマンデー、1987年10月19日はニューヨーク株式市場が開設して以来。1日で最高の下げ幅22%が記録
>された日である。この時の大天井は1987年8月25日である。日本においては、バブル崩壊が1989年12月29
>日の大納会のときであった。株価は東京証券市場開設以来の最高値3万八千9百15円であった。この最高値から
>55日±1日の1990年2月21日であった。最安値日経平均は1992年8月の1万4千3百9円で下落率は63%の
>史上最大の暴落であった。

>ttp://kobe.cool.ne.jp/arimoto/%8A%94%89%BF%91%E5%93V%88%E4%82T%82T%93%FA%81%7D%82P%93%FA%82%CC%96@%91%A5.html


>イルミナティのスポークスマン・ジュセリーノ氏の「予言」

>「2010年6月15日にNY株式市場は崩壊し、ウォール街は閉鎖されるだろう。」


>さて、新100ドル札公開は4月21日。その55日±1日後が何と6月15日。
>さて、どうなるでしょうか?

投稿: | 2010年4月 6日 (火) 15時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 韓流スター 東方神起が解散決定 オリコンチャート操作疑惑が浮上 | トップページ | クールジャパン現象 動画YouTubeによるアニメからカワイイまで! »