« ストレステスト アイルランドは積極的、ドイツとフランスは消極的。 | トップページ | 米国(アメリカ)フードスタンプ制度 受給者は7人に1人の割合へ »

米国債 4月の発行残高も過去最高に。ロシアとルクセンブルクが売却

米国財務省によると、今年4月時点の米国債発行総額はまたしても
過去最高を更新し、3兆9574億ドルとなった。

保有額1位の中国は50億ドル増やし、2位の日本も100億ドル
以上も買い増した。
3位の英国も420億ドルと、大幅に増やした。
4位のブラジルは変わらずといったところ。

一方でやや減らしたのが、7位のロシアだった。
前月比70億ドル売却した。そして10位のルクセンブルクもやや
減らし、ロシアと同様70億ドル売却した。
今回ルクセンブルクは保有額の1割を減らしたことになる。

その他額は小さいが、米国債を売却した国は、シンガポール、韓国、
メキシコ、インド、イスラエル、トルコ、スウェーデン、スペインなど
といったところだ。

さて今年も6月に入った。
何が言いたいかといえば、英国が米国債売却を敢行するかどうかの
時期に来ているということだ。
何度か紹介してきたが、英国は毎年6月になると米国債をほぼ全額
売却してきている

最近はユーロ安ばかり報道されているが、そろそろドル安が一時的
に起こるだろう。

しかしながら、その原因については報道されることはない。
ここがある意味でもどかしい点であり、情けないことでもある。
欧州経済の不安拡大. . . 等といった内容で、真実をカモフラージュ
させることは十分想像がつく。
読者のみなさん、マスコミの報道に騙されてはいけません。
いつもながらのやり方で報道規制を敷いているわけです。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« ストレステスト アイルランドは積極的、ドイツとフランスは消極的。 | トップページ | 米国(アメリカ)フードスタンプ制度 受給者は7人に1人の割合へ »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ストレステスト アイルランドは積極的、ドイツとフランスは消極的。 | トップページ | 米国(アメリカ)フードスタンプ制度 受給者は7人に1人の割合へ »