« 台湾経済 中国市場をにらみ日本企業と連携へ。問題点解消となるか? | トップページ | 韓国経済・通貨危機の再来 景況感指数が最高水準も、今秋は危機へ »

欧州ストレステスト 国債償還の危険性を含めると24行が不合格

米国の金融持ち株会社シティグループは、先日行われた欧州銀行
のストレステストで、償還まで保有する債券に関するソブリンリスク
が審査の対象に含まれていれば、24行が不合格となり150億ユ
ーロの追加資本が必要になると試算した。

EU当局はユーロ圏91銀行を対象にストレステストを一斉に実施し、
その結果7行が不合格、35億ユーロの資本不足だと結論付けた。
今回のEUの審査は、大手銀行が売買する債券のみを査定の対象
とし、銀行が保有するソブリン債リスクについては、大半が除外され
ていたのだ。

欧州のストレステストについては、米国以上の審査基準の甘さが、
実施前から指摘されていた。 これで大きな甘さが露呈した形だ。
今回のシティによる発表はある意味で画期的な判断だといえるが、
当のシティグループ自身についても、ずっと以前から債務を隠して
きたのは既成事実

なんと簿外隠しが、第7帳簿・・第8帳簿ともいわれているのだ。
金融危機後の不良債権の増加で、去年3月に米国政府が37%も
の株式を保有したが、こういった政府保有は今後少しずつ増えて
いくものと思われる。
来年か再来年後にはリーマンのように破綻するだろう。

少々話がズレてしまったが、ここへきてドイツ銀行が、国債保有状
況の詳細を公表した。
ギリシャ国債に対するエクスポージャーが11億ユーロ、イタリア
国債に対するエクスポージャーは81億ユーロ、スペイン国債に対
するエクスポージャーは10億ユーロと、これまで公表されていた
水準の2倍以上となったという。
エクスポージャーとは、将来の為替変動で金融資産の価格変動リス
クに晒されている資産の割合をいう。
当初の2倍というのは、とんでもないほどの見通しの甘さだといえ
るだろう。

ユーロは8月いっぱいまでは、今の(1ユーロ=110円)程度の相
場が続くだろう。
しかし9月になると、リーマンショックと同程度の破綻話が起きる
可能性が高く、一気にユーロやドルが市場で売られる羽目になる。
しかし突発的に起こるような事態は回避されるものと思われる。
具体的には、政府の国有化や合併、はたまた多くの中小銀行の
破綻がますます現実化しそうだ。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« 台湾経済 中国市場をにらみ日本企業と連携へ。問題点解消となるか? | トップページ | 韓国経済・通貨危機の再来 景況感指数が最高水準も、今秋は危機へ »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾経済 中国市場をにらみ日本企業と連携へ。問題点解消となるか? | トップページ | 韓国経済・通貨危機の再来 景況感指数が最高水準も、今秋は危機へ »