« 日銀(日本銀行)は円高容認へ 政府も70円台までなら介入なし。 | トップページ | 円高を嫌い、非難する人は、株トレーダーと在日韓国人だけだ。 »

円高 「円建て」 対策と 「法人税引き下げ」 を急げ! 内需拡大のチャンス

米国の決算期を来月に控え、円高ドル安が急激に進行している。
2007年も、ちょうどこの頃の8月中旬に、サブプライム問題が
表面化し、対ユーロやドルとも高くなった。
いや、ほぼ日本円の全面高といっていい状況だった。

確かに円高は輸出産業には都合が悪いが、輸入産業や国内需要
でまかなっている企業は有利である。
輸出産業は為替に左右されない、「円建て」 対策を進め、貿易上
有利にするべきだ。
今のような一部を除き、ドル建てやユーロ建てでは利益が目減りす
るばかりである。

また世界的に高い日本の法人税も、なるべく早く下げるべきだろう
国内における産業の空洞化を最小限に防ぐことができる。
少なくとも為替の介入は、馬鹿げているから行ってはいけない。
世界に冠たる経済・貿易黒字、金融大国が笑い物になるだけだ。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« 日銀(日本銀行)は円高容認へ 政府も70円台までなら介入なし。 | トップページ | 円高を嫌い、非難する人は、株トレーダーと在日韓国人だけだ。 »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日銀(日本銀行)は円高容認へ 政府も70円台までなら介入なし。 | トップページ | 円高を嫌い、非難する人は、株トレーダーと在日韓国人だけだ。 »