« アイスランド経済破綻 EUの加盟からユーロ通貨の導入に至るか | トップページ | スマートグリッド構想 世界をリードする日本技術の底力!! »

日本の長期金利が低下 債権価格上昇で海外から幅広く購入される。

長期金利が7年ぶりの水準に低下し、1%割れが視野に入ってきた。
指標となる新発10年物国債の利回りは、ついに1.020%をつけた。
一昨日(8月2日)の最低水準1.040%をさらに下回り、03年8月
以来の低さとなった。

欧米の世界経済先行き不透明感の高まりで、債券市場では金利低下
期待が広がっており、大手銀行やアジア諸国などが債券の購入を繰り
返したことが相場を押し上げた。
米国が追加の金融緩和に踏み切るとの観測から、外国為替市場でドル
安円高が進んでいることが直接の要因だ。

欧米諸国の経済危機は、日本に向かって投資先が移る。
いうまでもない。米国発の金融危機後、最も安定的な通貨や債権は
日本しかないからだ。
ついにドバイショック直後の1ドル85円台に突入した。
これからもますます円高に振れ、日本の債権が買われるだろう。

しかし株はといえば、残念ながらこれからどんどん下落していく。
理由は単純に2つある。
ひとつは為替差益で株が売られるからだ。
円安の時に購入した株の価値が円高になると自然に価値が膨らむ。
よって売却に走るのだ。 非常に合理的な話である。
もうひとつは日本の上場株は7割が外国人投資家によって支えられて
いるため、一気に引き上げられてしまうからだ。
国債のように日本人が独占していることとは正反対なのだ。
超一流、もしくは一流企業の株ほど海外勢に握られている。

今の日経平均株価1万円弱は、何とか8月いっぱいまで持つだろうが、
9月になれば、一気に9千円台前半まで売られるだろう。
株を保有している人は今から覚悟しておく必要がある。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« アイスランド経済破綻 EUの加盟からユーロ通貨の導入に至るか | トップページ | スマートグリッド構想 世界をリードする日本技術の底力!! »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アイスランド経済破綻 EUの加盟からユーロ通貨の導入に至るか | トップページ | スマートグリッド構想 世界をリードする日本技術の底力!! »