« ノーベル平和賞 中国で初の受賞は 共産党批判を続けた劉暁波氏 | トップページ | 円高進行 対ドルで15年ぶりの高値 米国の絶望的雇用数減で »

ノーベル平和賞 中国で初の受賞は 共産党批判を続けた劉暁波氏

中国の劉暁波氏が2010年のノーベル平和賞を受賞した。
中国国籍を有する中国人として、初のノーベル賞受賞者であるが、
中国は、世界の中では逆行するかのように、自国民の受賞を喜ば
ない国のようである。

初のノーベル賞をお祝いする雰囲気に全くなっていない。
中国は国連加盟国であるにもかかわらず、人権を尊重しない国と
して有名だ。
チベット、東トルキスタンだけでなく、その周辺地域の国民に対し
ても公平な権利を与えていない。

中国が懲役11年の実刑判決を受賞者に下したのは、今年。
ナント受賞者の妻も24時間の監視下に置かれている。
まさに軟禁状態といっていいだろう。
今回ノーベル賞委員会は、中国に対する対抗措置として劉暁波氏
に授与したというのが背景だと思える。

国連憲章第1章には、人権を守る努力が義務付けられている。
昨日のブログでも一部掲載したが、中国の憲法ではストライキが
認められていない。
しかし中国政府にとっては単なる紙面に過ぎないのだろう。
建前だけは立派だが、それが実行となるとまったく果たせていない。
劉暁波氏は中国で唯一 「有言実行」 を果たしたことで受賞できた
というものなのか?
共産党政府は、“有言” しても “実行” できない独裁政権だ。

もう少し紹介しよう。
驚くことであるが、中国では 「表現の自由」 や 「言論の自由」
も憲法で保障されている。

ところがこういった自由も無いに等しい。
更に問題なのは、その中国政府が独自の検閲を世界の報道機関
にも適用していることだ

これは国民主権である民主主義への重大な挑戦だといえる。

言論の自由を否定した法律である 「突発事件応対法」 が、2年前
に中国で成立している。
これは地震といった自然災害が起こっても、
“党の許可なく報道してはならない” といったもので、中国本土だけ
でなく、香港や外国のメディアに対しても適応しているのだ。

もちろん日本も例外ではない。
『 日中記者交換協定 』 によって、中国の真実を報道することがで
きないのだ。
仮に報道を行った場合、その報道機関の中国支局はすぐに閉鎖さ
れてしまうからである。
この協定は公共放送のNHKも結んでいるから、呆れるばかりだ。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« ノーベル平和賞 中国で初の受賞は 共産党批判を続けた劉暁波氏 | トップページ | 円高進行 対ドルで15年ぶりの高値 米国の絶望的雇用数減で »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノーベル平和賞 中国で初の受賞は 共産党批判を続けた劉暁波氏 | トップページ | 円高進行 対ドルで15年ぶりの高値 米国の絶望的雇用数減で »