« 米銀破綻 139行が閉鎖 戦後最悪の財政赤字が限界に来る | トップページ | 円高 輸入産業には金の小槌 内需拡大と日本の存在感が拡大する »

ユーロが崩壊過程に 輸出が絶好調でも、銀行・財政赤字は膨張へ

ドイツのメルケル首相は、今年の春から起こった急激なユーロ安は、
まだ完全に克服されていないと語り、「ユーロは現在、緊急支援措
置によって、かろうじて保護されているだけだ」 と述べた。
来年2011年のG20の議長国であるフランスが表明している、
通貨制度改革に取り組む方針を支持する意向を示したようだ。

メルケル首相は、2013年に期限を迎える最大7500億ユーロの
緊急支援措置については、単純に延長されることはないとの見解
を同時に示したという。
この通貨安定基金が決定されて半年が経った。
早くも夏場には、この膨大な基金がギリシャ一国で使い果たしてし
まのではないかという噂が流れ出したのだ。
一時は、1ユーロ107円台まで円高ユーロ安が進んだ頃だ。

本当に欧州諸国の危機の根は深い。
GDPがユーロ圏全体のたった2.7%しかないギリシャのリスクに、
ユーロ諸国16カ国が振り回されたからだ。
さらに米国の巨大金融機関をも揺さぶった。
せっかく米国政府から天文学的な援助を受けているのに、小さな国
のソブリンリスクは、こういった投資銀行を丸裸にさせてしまうこと
にも繋がりかねない。

さらに最近は、アイルランドの危機について喧しくなってきた。
これまで何度か記載してきたが、アイルランドの不動産バブルは、
欧州で最も早く崩壊し始めた。
首都ダブリンの不動産価格は、すでにピーク時から43%以上もの
下落となってしまった。
今年だけでGDPの3割以上の財政赤字が膨らんだのだ。

同国内では数百か所の宅地開発が途中で止まっているし、スペイン
と同じく、リゾートマンション開発も中途半端に打ち切られている。
アジアや東欧、アフリカ諸国から来ていた出稼ぎ労働者が帰国して
しまい、賃貸マンションの空室率も凄いことになっている。

つまりこういった同様な危機は、これからスペインやポルトガルにも
直面する運命にあるのだ。
イタリアも世界6位の財政赤字額に膨らんでいるが、ドイツと同じく
極端な不動産バブルは起こらなかった。
だからといって決して安心できる状況ではない。
イタリア国債の中身をみても、全体の4~5割が外国からの資金で
支えられている。
イタリアも来年はドイツやスペインと同様、国債の増発が頻繁に行
われることになるだろう。

さらに来年は今年7月に続き、第2弾のストレステストが実施され
る可能性が高い。
第1弾の甘さを露呈させないよう、しばらく時間を置いて行われる
ことだろうが、その頃にはいくつかの主要な銀行が国有化されてい
るだろう。
民間から国有化されることで、チェック体制がされないか、隠ぺい
工作が行われてしまうかもしれない。

欧米諸国の景気や失業率の回復が全く改善されない中でも、財政
赤字や銀行セクターの不良債権額はどんどん増えていく。
今、欧州や新興国の通貨安戦争が起こっているのは無理もない。
唯一貿易の拡大によって、少しでも多く稼ぐしかないからである。
ユーロ圏各国は、通貨を勝手に切り上げたり、切り下げたりするこ
とは出来ない。
欧州の経済危機とジレンマは、心理的にも相当なストレスが働いて
いることだろう。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« 米銀破綻 139行が閉鎖 戦後最悪の財政赤字が限界に来る | トップページ | 円高 輸入産業には金の小槌 内需拡大と日本の存在感が拡大する »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米銀破綻 139行が閉鎖 戦後最悪の財政赤字が限界に来る | トップページ | 円高 輸入産業には金の小槌 内需拡大と日本の存在感が拡大する »