« 円高 輸入産業には金の小槌 内需拡大と日本の存在感が拡大する | トップページ | 法人税5%下げ 海外から投資が活発に。円高・雇用対策も効果的 »

日本の国際的清潔度が17位!? 上位は小国や永世中立国が独占

政治汚職や腐敗の防止を目指している国際的非政府組織(NGO)
「トランスペアレンシー・インターナショナル」は、今年の「汚職番付」
を発表した。
日本は178カ国・地域中17位。昨年と同じだったようだ。

1位はデンマークとニュージーランド、アジアでは唯一シンガポール
が並んだ。
下位国はアフガニスタンとミャンマーが176位で、最下位の178位
はソマリア。
米国は22位、中国は78位だったという。

とくにニュージーランドは、これといって積極的な腐敗防止を実施
していないが、上位を維持している。
ノルウェーも清潔度はトップクラスだが、こちらは積極的に腐敗を
防止している。
やはり永世中立国や北欧といった小国は清潔だ。
しかし全部の中立国がそうではない。
中央アジアの一部の国は中立国が存在するが、中身はといえば
独裁国家という事実がある。

反対に米国やイタリアは積極的であるが、なかなか上位に食らい
つけないでいるようだ。
背景にマフィアといった暴力組織が蠢いているのだろう。
中国は全くデータがない。 世界78位ということは、アフリカ諸国や
南米、東欧といった独裁国家がまだ多いことから、精一杯の順位
であるに違いない。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« 円高 輸入産業には金の小槌 内需拡大と日本の存在感が拡大する | トップページ | 法人税5%下げ 海外から投資が活発に。円高・雇用対策も効果的 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 円高 輸入産業には金の小槌 内需拡大と日本の存在感が拡大する | トップページ | 法人税5%下げ 海外から投資が活発に。円高・雇用対策も効果的 »