« 米国(アメリカ)の銀行破綻危険数が860行に増加 国家破綻へ一歩 | トップページ | 米韓合同軍事演習 米国の意図は北朝鮮でなく、軍事キャンペーン »

ポルトガル経済危機 銀行負債は英国、アイルランドに次ぐ規模

ポルトガルの財政赤字が注目され始めた。
ギリシャ、アイルランドに次ぐ財政破綻危機国となりそうだ。

今年5月と6月には失業率が11%に達し、今も10%後半の水準
まで高止まっている。
しかし同国ソクラテス首相は、引き続き市場で資金調達できる条件
は全て整っている. . . との認識と自信を明らかにした。
しかしこういった強気も今だけに終わるだろう。

数日前のブログでも記載したが、やはりポルトガルは経済規模が
小さい為、アイルランド危機が起こった途端に、すぐ危機が顕著に
なるだろうという予想をしたが、その通りになった。
長期負債と銀行負債がバランスよく(!?)、同レベルの水準にまで
悪化しているのだ。

実はポルトガルの短期負債の割合はPIIGS諸国の中で最も多い。
また今回アイルランドが患っている銀行負債についても、ポルトガ
ルは、GDP比でアイルランド、英国に次ぐ規模に上っている。
つまりポルトガルは、政府や金融機関が抱える対外負債について、
総額でGDP比225%にも達していることもあり、遅かれ早かれ、
ユーロ基金やIMFからの支援は避けられない状況になる。

それではPIIGS諸国と英国の対外負債の割合を出してみる。
いずれも2009年のデータだ。

・アイルランド 867%
・英国 342%
・ポルトガル 225%
・ギリシャ 163%
・スペイン 158%
・イタリア 112%

同国首相は、“ポルトガルでは過去も現在も不動産バブルは発生
していない。国内銀行に問題はなく、予算も解決しつつある”
といっているが、少なくとも銀行負債に非常に大きな問題を抱え
ていることは事実なのである。
これはまさに強気ではなく、偽りの発言といって良いだろう。

ポルトガルの危機まではまだいい。
これが来年スペインまで及ぶと、タダでは済まされない。
だがその前に、英国が本格的な危機を迎える可能性が高い。
何せ英国の銀行負債はGDP比200%を超えているからだ。
王室の結婚式時には、英国は見るも無残な姿を迎える第一歩と
なるに違いない。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« 米国(アメリカ)の銀行破綻危険数が860行に増加 国家破綻へ一歩 | トップページ | 米韓合同軍事演習 米国の意図は北朝鮮でなく、軍事キャンペーン »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米国(アメリカ)の銀行破綻危険数が860行に増加 国家破綻へ一歩 | トップページ | 米韓合同軍事演習 米国の意図は北朝鮮でなく、軍事キャンペーン »