« 東京株式市場 日経平均株価が堅調 円と同じく安全資産に逃避。 | トップページ | 米銀の破綻が再び活発化 中間・高額所得層の不良債権が増加中 »

アイルランド 対外負債GDP比8倍も、アイスランドとは違う理由

ユーロ圏16カ国の財務相とECB首脳は今、ブリュッセルに会し、
ギリシャ危機後に設立されたユーロ安定化基金を使い、その救済
策をアイルランドに向けさせることについて試みている。
いよいよ週明けには具体的な支援策が発表される。

一番の問題はギリシャ同様、たとえアイルランドがEUからの支援
を受け入れたとしても(可能性は100%だが)、それでポルトガル
やスペイン、イタリア、そしてフランスの支払い能力が、今後向上し
ていくというわけではない。

何度も記載したが、アイルランドの対外負債はGDPの8.5倍。
2年前に国家破綻に陥ったアイスランドが、GDPの9倍の債務を
抱えていたことを比べれば、まるで瓜ふたつのようだ。

しかしアイスランドと決定的に違う点は、アイルランドはEU加盟
国であり、ユーロ通貨国でもある。
これがギリシャ同様、アイルランドもすぐに破綻に陥ることがない
理由である。
アイスランドの場合は全く逆で、ユーロはもちろん、EUにも加盟
していない。
だからリーマンショック後、すぐにデフォルトに陥った。

アイスランドはこういった建国以来の屈辱で、2009年7月には
思い切ってEU加盟への申請を行った
。 今後3年以内の加盟を
目指しているという。
しかしEU加盟が順調に進むとは到底思えない。
ユーロ加盟同様に、EU加盟にも厳しい条件がある。
まず漁業が盛んなアイスランドだけに、漁獲量がEU諸国によっ
て制限されるのだ。
アイスランドの広大な漁場を他の加盟各国に明け渡すことにもな
り、地元漁業界は激しく抵抗している。

また過去にデンマークから独立を果たしたことで、愛国心が強く、
EU加盟に抵抗感を持つ人も少なくないのだ。
過去には英国とも敵対関係にあった。

やや話が逸れてしまったが、アイルランド経済を支援することは、
欧州経済全体に悪影響をもたらすだろう。
デフォルトは一時的に無くなるが、それによって債務が無くなるこ
とはない。
9月にはついに失業率が14%を超えた。
ますます悪化の一途を辿っている状態だ。
また経済規模が小さいだけに、ポルトガルもすぐに後を追うことに
なるだろう。
さらにスペインも来年夏には現実と化する可能性が高い。
イタリアは不動産バブルが小さかったので、まだまだ先だろう。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« 東京株式市場 日経平均株価が堅調 円と同じく安全資産に逃避。 | トップページ | 米銀の破綻が再び活発化 中間・高額所得層の不良債権が増加中 »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京株式市場 日経平均株価が堅調 円と同じく安全資産に逃避。 | トップページ | 米銀の破綻が再び活発化 中間・高額所得層の不良債権が増加中 »