« 「日本国債」 の安全性 「金」「円」 と同じく世界一の信用力(2) | トップページ | 第5回G20金融首脳会議 韓国ソウルで開催された本当の理由 »

PIIGS4カ国危機 国債利回りが急上昇 5月の最高値に並ぶ

欧州CDS市場でアイルランドやポルトガルに続いて、スペインや
イタリアの国債利回りも上昇し始めた。
イタリアとドイツ10年物国債の利回り格差は先週末、ユーロ導入
後の最高水準となった。
スペイン国債とドイツ国債の利回り格差も最高水準。
戦後最も厳しい経済状況に、銀行負債や財政状態が日々悪化し
続ける国債を投資家が敬遠する動きが広がっている。

やはりここにきてアイルランドの危機が決定的となったようだ。
何といっても対外負債が恐ろしく巨大なのだ。
同国の対外債務はGDPの8倍を軽く超えている。
政府負債は他のPIIGS3ヶ国と比べて小さいが、長期負債が他を
圧倒している。
ギリシャやポルトガル、イタリアの長期負債の4~5倍も抱えてい
るのだ。

また銀行負債においては、ナント長期負債より厳しい。
同国GDPの3.5倍にも上るのだ。
これはイタリアの10倍、ギリシャの8倍、ポルトガルの3倍程まで
膨れ上がっている。
当時は好景気だったとはいえ、こういった無秩序ともいえる不動産
価格上昇に対し、同国政府は何をやっていたのだと疑いたくなる。

さらに決定的な理由のひとつに、CDSスプレッドが過去に例のな
いくらいに急上昇していることだ。
実はアイルランドの場合、5月欧州危機時、ギリシャやポルトガル
ほど利回りが上昇していなかった。
それがここにきて一気に、5月のユーロ基金決定時を遥かに上回
る水準まで悪化しているのだ。
そしてスペインやイタリアも半年ぶりの最悪水準まで悪化した。

アイルランド政府は、2011年半ばまで資金調達の必要がないこ
となどを理由に、金融支援を要請していないとしている。
ところがである。 ここにきて新たな支援協議の噂が広がった。
ECBに対し、日本円にして約9兆円の支援を要請したという報道
が日本のオンラインユースで広がった。
これは先日、アイルランドの銀行が抱える貸し倒れ損失が2012
年末まで、850億ユーロ(約9兆6400億円)を下らないとの概算
を示した数字と似ている。

それにしても何というか. . . 基本的な疑問が湧いてくる。
アイルランドやイギリスのように、金融や不動産しか取り柄のない
国に、金融危機や不動産バブル崩壊という難局をどう乗り越える
というのだろう?
しかも今後もますます状況が悪化していくというのに。
やはり欧米や新興国が輸出拡大のために、為替安競争をしている
という理由は納得できる。

日本の場合も、確かに経済危機に陥った。
しかしこれはリーマンショック後の資金流出と、世界経済の急激な
収縮によって輸出が下落していったことだけだ。
しかしこの点については他の国も全く同様だった。
しかも日本の場合、上記2つの要素が悪化しても、モノ作り国家は
衰退しなかったし、今もなお圧倒的な力がある。
だから為替にしても国債にしても、唯一健全な状態を維持している
のである。
とにかく週明けの為替相場、もしくは海外市場が気になる。
ユーロと反対に相場が動くドルは、比較的堅調に推移するかもしれ
ない。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« 「日本国債」 の安全性 「金」「円」 と同じく世界一の信用力(2) | トップページ | 第5回G20金融首脳会議 韓国ソウルで開催された本当の理由 »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「日本国債」 の安全性 「金」「円」 と同じく世界一の信用力(2) | トップページ | 第5回G20金融首脳会議 韓国ソウルで開催された本当の理由 »