« PIIGS4カ国危機 国債利回りが急上昇 5月の最高値に並ぶ | トップページ | 日露 北方領土問題 ロシアは中国より日本との経済関係を最重視 »

第5回G20金融首脳会議 韓国ソウルで開催された本当の理由

11月11~12日の2日間の日程で開催されたG20。
今回は韓国ソウルで開かれ、G8と欧州連合、そしてBRICs諸国
を含めた8ヶ国の新興国で、今後の経済や金融危機を回避するこ
とについて話し合いが行われた。

G20会議は今回で5回目。
過去の開催国をみると、第1回目は米国、2回目は英国、3回目も
再び米国、4回目はカナダであった。

今回開催地が韓国に決まったということについて、世間一般では、
“韓国人特有の積極的なアピールが功を奏した”
などと自画自賛しているが、本当のところはどうなのか??

今回G20の開催誘致の成功で、韓国政府や一般国民は、
G20サミットを活用し、韓米FTAの進展や安保など同盟関係を
一層強化できる 「一世に一度あるかないかのチャンス」 だと述べ、
韓国を世界的にアピールできる絶好の機会だと期待していた。
しかし上記の一部分だけを取り上げても、米韓FTAの締結は結局
実現しなかった。

ちょうど1年前の開催決定時、韓国政府や関係者は、
“米国が韓国とのFTAを締結し、韓国とEUの3経済圏を統合した
韓米EU経済貿易パートナー関係を形成すれば、他国のFTAは、
当分の間追いつくことができないものになるだけでなく、政治的な
自由と法治主義、グローバルスタンダードを背景とした発展モデル
としても、新たな意味を持つことになる。”
と声高に主張していた。
やはり韓国人というのは、期待値だけはどこの国にも負けないほど
大きな夢を抱く。

それにしてもなぜ今回、韓国がG20の開催国に成功したのか?
もちろん韓国人の活発で積極的なアピールなどではありません。
まず今回、第5回G20韓国開催決定日と、APEC横浜の開催日
が決定された日をみてみましょう。

☆ APEC横浜
・2009年3月25日開催決定。
・日程 11月13日~14日
☆ G20韓国 
・2009年11月6日開催決定。
・日程 11月11日~12日

この日韓の国際会議日程と開催決定時期で、何となく想像できる
のではないでしょうか?
まず開催決定日については半年以上前にAPEC横浜開催が決定
しています。
そして開催日程についてはG20の後、すぐにAPECが開かれると
いう日程がポイントです。

そうです。
G20は欧州や北米、そして中南米の大国首脳らが地球の反対側
から、はるばるやって来るので、時間的な移動距離から考えても、
一旦自国に引き返すことはできません。
よって次の横浜会議にすぐ移動できることから、距離的に最も
近い韓国が選ばれたというのが理由だったのです。

今回のAPEC会議は15年ぶりに日本で開催されました。
つまり横浜で開催されなければ、G20は韓国に来るわけがな
かったのです。

それにしても韓国は今後も、どこまで日本の存在に頼ってくるので
しょうか?
もちろんこのような真実は表に出たりしません。
ブログを書いている筆者も、情けない思いが込み上げてきます。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« PIIGS4カ国危機 国債利回りが急上昇 5月の最高値に並ぶ | トップページ | 日露 北方領土問題 ロシアは中国より日本との経済関係を最重視 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PIIGS4カ国危機 国債利回りが急上昇 5月の最高値に並ぶ | トップページ | 日露 北方領土問題 ロシアは中国より日本との経済関係を最重視 »