« 米銀破綻26行に 量的緩和(QE1・QE2)効果で閉鎖件数減少 | トップページ | 韓国 円高ウォン安で半導体製造装置やLEDの誘致を活発化か »

中国 水資源の危機!? PIIGS国債の保有も政治的な意図で

いくら中国でも・・・といえるような報道がロイターから入ってきた。

中国の海南省で、ボトル入り飲料水の衛生面に日頃から疑念を抱いた
家族が、試しに中身をニワトリに飲ませたところ、そのニワトリが1分も
たたずに死んでしまったことが分かったという。
中国の水問題がいかに深刻であることを、まざまざと浮き彫りにしたも
のといえよう。
中国製品については今でも、玩具や歯磨き粉、魚介類などの安全性に
対する懸念が世界中でジワジワ持ち上がっているという。

ただ、なかなか日本ではこのような報道はされない。
中国の政治的プロパガンダを大げさに報道している国内マスコミ。
08年冬に起こった毒餃子事件は、あくまで日本国内で起こっており、
しかも日本人に被害が及んだことから、ものすごい報道の過熱さであっ
たが、国外で起こったことについては関係ないといった感じで出さない。
今回のニュースも 「ロイター」。
あくまでも海外のメディアである。
震災で起こった日本の水道水問題なんて、カワイイものだろう。

さて中国は経済においても、独自の路線を突っ走っている。
これから第2のギリシャショックを迎えることになるだろう、ユーロ圏
PIIGS諸国の国債を多く保有しているのだ。
ギリシャ国債は30億ドル分、スペイン国債60億ユーロ、ポルトガル国債
においても10億ユーロだ。
普通に考えれば誰も買いたくない国債であるから、純粋な経済的判断で
はなく、政治的な意図が働いているのだろう。

中国が今後投資を向けてきそうなのが、日本である。
欧米諸国はこれから次第に衰退してくる。
中国も重々承知していることだ。
だから豊富な英知を持つ人材と、将来性のある日本企業の投資に傾いて
いくことになるだろう。
すでに巨額な投資をしている企業名を具体的にいおう。

 ◆ 三菱UFJフィナンシャル・グループ
 ◆ NTT
 ◆ ソニー
 ◆ 武田薬品
 ◆ 関西電力
 ◆ レナウン

これらの日本企業の大株主になっている。
しかしレナウン以外については筆頭株主まではなっていない。
なってしまっては大変だ。
そのレナウンでも株式の41%まで占められているが、買収に必要となる
51%までは達していないため、完全に乗っ取られたものではない。
しかしそうはいっても、買収を果たした 「山東如意科技集団」 の意向で
動いていくのは間違いないだろう。
重要ポストは中国企業の役員で占められている。

日本のマスコミ各社が真実を伝えないことを考えれば、すでに中国経済
のバブル崩壊がかなりの速度で進んでいる可能性が高い。
3月2日のブログで書いた通り、日本経済新聞社・ジェトロ・経済産業省
は、中国からのカネで動いている

今でもインチキ情報ばかり流しているから、信用できない。

これから起こる欧米発の金融危機第2幕によって、かなりの額のマネー
が流出していくだろう。
中国政府の融資政策は、米国で起こった詐欺まがいの政策と何ら変わ
りない。
ナント月収5千円程度の収入でも、5千万円の住宅ローンを組めるという
もう無茶苦茶だ。
日本のバブル崩壊を全く教訓にしていないのだ。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« 米銀破綻26行に 量的緩和(QE1・QE2)効果で閉鎖件数減少 | トップページ | 韓国 円高ウォン安で半導体製造装置やLEDの誘致を活発化か »

政治・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米銀破綻26行に 量的緩和(QE1・QE2)効果で閉鎖件数減少 | トップページ | 韓国 円高ウォン安で半導体製造装置やLEDの誘致を活発化か »