« マスコミ(メディア) 偏向報道 無意味な北朝鮮情報を再び報道 | トップページ | 太陽光発電の普及率100%を目指す! 価格も今の6分の1へ »

フランス短期国債の利回りが急上昇! ギリシャ再編は不可避

20日、ギリシャ10年物国債の利回りが16.572%まで上昇して取り
引きを終了した。
これは欧州格付け会社のフィッチが、ギリシャ国債を3段階も引き下げ
たことで、いよいよ再編が不可避という話になったことだ。

これによってスペインの長期国債も、先月27日以来の高水準となった
が、もはや注目するのはPIIGS諸国だけではなくなったようだ。
ギリシャへの最大融資国であるフランスが、いよいよ危機を迎えそうな
気配である。

フランスの2年物短期国債が、一気に2%まで上昇したのだ。
今後のギリシャやスペインの状況次第では、中・長期国債まで波及しそ
うである。
フランスはスペインに対しても、融資額ではギリシャ以上に貸している。

ユーロ圏の悪循環は、一国だけに留まらないから非常に危険である。
次から次へと危機が連鎖するから、一国だけが逃げ切れるという構造に
はならない。
まずは現実的な話として、ギリシャが債務再編もしくはデフォルトすれば、
スペインまでもEUやIMFに支援を要請する。
さらにこの2ヵ国に対し、多額の債権を有するドイツとフランスが、一気
に危機を迎えることになるのだ。

同時にイタリアの経済危機も浮上するだろう。
現在イタリアの短・中・長期国債の利回りは、オランダやベルギーより
高い。
財政赤字は日本と同じ非常に高い水準にあるが、日本と決定的に違う
のは、外国からの借り入れが5割を超えている点である
スペインとイタリア、つまりユーロ圏で4位と3位の経済大国が今年の
後半には正念場を迎えることになる。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« マスコミ(メディア) 偏向報道 無意味な北朝鮮情報を再び報道 | トップページ | 太陽光発電の普及率100%を目指す! 価格も今の6分の1へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マスコミ(メディア) 偏向報道 無意味な北朝鮮情報を再び報道 | トップページ | 太陽光発電の普及率100%を目指す! 価格も今の6分の1へ »