« 上海株式市場と貴金属価格が下落の一途 世界恐慌が近し | トップページ | マスコミ(メディア) 偏向報道 無意味な北朝鮮情報を再び報道 »

PIIGS危機 ギリシャ、スペインの国債利回りが再び上昇へ

ギリシャショックの発端で、7500億ユーロもの安定基金を創設して
から1年が経った。
同時にギリシャに対して、3年間で1100億ユーロの支援が決まった
ことは記憶に新しい。
というより、再度思い出さざるを得ない状況下にある。

ギリシャの10年物国債の利回りが再び16%に達した。
つい4月13日には12.963%だった。
しかしそのわずか2週間で16%に達し、その後はやや下げていたの
だが、ここへきて再び利回りが上昇してきた。

そして早くも今夏には危機がやってくると思われるスペインも、国債の
利回りが上がってきている。
一昨日5月18日は4月28日以来の高水準に達しているのだ。
スペインは去年11月から波が激しいので、今後も一時的には下落した
りするだろうが、何といっても最近のデモがいただけない。

先週日曜日、同国若者たちが中心に全国主要都市でデモを行ったが、
その後も大都市マドリッドでは、一部参加者がテントを張って野宿を
続けているというのだ。
このデモは、インターネットのソーシャルネットワークで呼びかけられ、
ネット利用者が多く参加しているという。
これまで20名近くが逮捕されたというが、かえって多くの市民の反発
を煽り、デモの参加者は増え続けているらしい。

こういったデモが、結果的にスペインの危機を早める要因になる。
去年のギリシャもそうだった。
スペインの経済危機は放っておいてもやって来ることは間違いない。
しかし何も、自分たちで危機を早める理由などはない。
先進国で最高の、GDP比10%を超える観光産業もデモによって沈ん
でいくことは間違いないからだ。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« 上海株式市場と貴金属価格が下落の一途 世界恐慌が近し | トップページ | マスコミ(メディア) 偏向報道 無意味な北朝鮮情報を再び報道 »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上海株式市場と貴金属価格が下落の一途 世界恐慌が近し | トップページ | マスコミ(メディア) 偏向報道 無意味な北朝鮮情報を再び報道 »