« 特許侵害大国 韓国 サムスン・LGも低税率とウォン安で成長 | トップページ | 日銀の4.5兆円の為替介入 円高阻止のためではなかった!? »

イタリア債務危機 8・9月の国債償還額は1000億ユーロに

日銀が東日本大震災以来の円売り介入を実施した。
3日には東京市場で初めて1ドル76円台を突破し、その後の海外市場で
も戦後最高値に迫る水準で維持していた。

4日に円売り・ドル買い介入を実施した後、円は一時的に80円台まで戻
した。
対ユーロでも113円台まで円安が進んだ。
しかし、こういった当局による人為的な介入効果が長続きしないことは、
もはや明らかである。
4日のロンドン市場では再び70円台に戻している。
つまり早速買い戻されているわけだ。
しかも今回は協調ではなく、単独介入である。

日銀が思い切った円売り介入に踏み切った理由は、米国のデフォルトが
回避された後でも、ドル安が改善されないこと。
それから同国の7月の失業率がまもなく正式に発表されるので、場合に
よっては円の最高値があっさり更新する可能性があるからだろう。
欧米諸国や中国経済が悪化する中、それに追い打ちをかけるような円高
は、輸出企業の収益にますます拍車がかかる。

もうひとつの要因がある。
ユーロ諸国の財政危機が、まもなく本気で爆発しそうなのだ。
その国とはスペインとイタリアである。
10年物長期国債の利回りが、両国とも6%という高水準に達している。
ギリシャやアイルランド、ポルトガルがEUやIMFで支援を求めた時が約
7%であったことを考えると、まさにそれらの国以上の不安が襲いかかろ
うとしているのだ。

その中でもイタリアが非常にヤバくなっている。
その理由は、国債の償還日がこの夏休み時期に集中しているからだ。
イタリアは財政赤字がGDP比118%。
問題は外国人投資家の保有割合が高いことが懸念材料である。
この点が日本と全然違う。

さらに直近問題として、8月と9月にやってくる国債償還の額が、まさに
トンデモない額に達することが判明。
イタリアの短・長期国債償還額が、この2か月間だけで1000億ユーロ
にも達するというもの

これが今以上の円高・ユーロ安に拍車をかけることは確実。
日銀や財務省当局も、このような海外のスケジュールは把握しているか
ら、早めに先手を打ったのだろう。
だが言い換えれば 「梨の礫」 でしかない。

日銀総裁は東日本大震災後の日本経済について懸念を示しているが、
そんなことは海外の投資家は特別気にしていない。
あくまでも経済という全体像で判断しているのだから。
短観でもユーロの債務問題、米国のデフォルト懸念再熱などを考えれば、
もう日本しかなくなる。
さらに失業率もこういった国よりも低い。
莫大な財政赤字といっても、国内でほとんど消化。
だからイザ資金が流出するといっても、せいぜい5~6%。

とにかく大学生の夏休みが終わる9月末までには、円は対ドルでは戦後
最高値、ユーロにおいても1年ぶりのユーロ安水準(107円)近辺に到達
するだろう。
例外として、再び円売り介入しないというのが前提であるが。。。
私の予想はいつもこれで裏切られている。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« 特許侵害大国 韓国 サムスン・LGも低税率とウォン安で成長 | トップページ | 日銀の4.5兆円の為替介入 円高阻止のためではなかった!? »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 特許侵害大国 韓国 サムスン・LGも低税率とウォン安で成長 | トップページ | 日銀の4.5兆円の為替介入 円高阻止のためではなかった!? »