« 日銀の4.5兆円の為替介入 円高阻止のためではなかった!? | トップページ | イタリア中期国債の利回りは急低下 ECBが5年物を購入 »

米銀破綻 今年63行に 財政削減と国債の格下げで、破綻へ

米連邦預金保険公社(FDIC)によると、5日にワシントン州とイリノイ州に
ある地銀2行を閉鎖されたという。
これで今年の米銀破綻は63行になった。

米経済を建前上、もう一度立て直すためには身近な存在として量的緩和
が思い浮かぶが、デフォルト宣言の回避と引き換えに、大幅な緊縮財政
が実施されていくことになった。
これから財政の健全化に向けて努力していくだろうが、今後はドルの印刷
をジャブジャブ刷ることはできなくなったということだ。

これまでの量的緩和策(QE1・QE2)では、主に株やコモディティばかりに
向かっていった。
というか、意図的に向かわせていたという表現が正しいだろう。
米国は日本と違って、株主を最優先するので、どうしても株価をつり上げ
たいという考え方を持つ

これは同時に、どんどん人員削減をさせることを意味する。

商品相場においても同じこと。
世界最大の農産物生産・輸出国だから、こういった産物価格をつり上げる
のだ

これによって農家や関連企業は大儲け。
その裏で世界的にインフラが起り、農産物や資源輸入国などは日常生活
の打撃を強いらせてしまうことに。
こういった事情は日本などが典型的な例だが、そもそもカネを持っているし、
急激な円高も手伝って、他国ほどの影響は被っていない。

とにかく米国の量的緩和は、自分たちのマネーを使っているわけだから、
そういった政策は勝手なのだろうという発想だろうが、今でも一応基軸通貨
国としての責任感というものに欠けているといえる。
そもそも “ 借金を借金で返す ” というのは異常なこと。
日本を含め、どこの国でもみられる現象であるが、米国の場合は借金の額
が異常過ぎるのである。

週明けも円高が進行し、欧米やアジアの株価も下落していくだろう。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

|

« 日銀の4.5兆円の為替介入 円高阻止のためではなかった!? | トップページ | イタリア中期国債の利回りは急低下 ECBが5年物を購入 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日銀の4.5兆円の為替介入 円高阻止のためではなかった!? | トップページ | イタリア中期国債の利回りは急低下 ECBが5年物を購入 »